• 2015-02-26
  • 毎日のこと、シャンプーのお話*
  • BLOG|NEWS

こんにちは
つばきです*

 

元気な葉っぱやお花は

良い土でないと育ちません。

 

image (8)

 

綺麗な髪は健康な頭皮から、です!

 

今日は意外と知られていない

正しいシャンプーの仕方、のお話をしますね

大切な事なので少し長くなりますが...

 

みなさんは、

こんな洗い方をしていませんか?

 

1: 予洗いをする

髪を適度に濡らす

2: シャンプー剤をつける

シャンプー剤を頭皮に直接つけて泡立てる

3: 洗う

つめを立ててしっかり洗う

4: すすぐ

泡がなくなるくらいまですすぐ

5: ヘアトリートメントをつける

髪全体につけ、根本や頭皮にもなじませる

 

 

正しい洗い方のようですが、実は間違いだらけ。

 

まず、

 

●予洗いをする

髪を適度に濡らすだけでなく、あらかじめお湯で

髪、頭皮表面の汚れは落とします。(予洗い)

 

この予洗いの役目は、

①汗やホコリなどを落とす

②皮脂をとれやすくする

 

お湯で洗うだけで汚れの70~80%を落とせるといわれています

温度は高すぎると皮脂をとりすぎてしまうので

38度前後が良いですよ

 

●シャンプー剤をつける

シャンプー剤を手にとり、少し泡立ててから髪表面につけて

しっかりと泡立てます。

 

しっかりと泡立てた泡で頭皮と髪を洗いましょう!

泡立たない場合は、一度シャンプー剤をつけて少しだけ時間をおき

なじませてから一度すすぎ、

再度シャンプー剤をつけるとよく泡立ちます。

 

●洗う

指の腹を使って、泡でやさしく頭皮を洗います。

 

つめを立てて洗ったり、力を入れてゴシゴシ洗うと

頭皮を傷つける原因となります。

洗う部位の手順を自分の中で決めておくと

洗いもれがなくなります。

 

●すすぐ

洗いと同様にすすぎにもしっかり時間をかけます。

 

せっかくシャンプーで浮かせた皮脂や汚れが頭皮に残っていると、

かゆみや炎症の原因になります。

頭の各部位の髪の根元に指を潜り込ませるようにして、

すすぎましょう。

 

●ヘアトリートメント・コンディショナーをつける

頭皮のケア用のトリートメント以外は

頭皮につけてはいけません。

 

髪の根元や頭皮がべたつき、ボリュームがなくなります

ヘアトリートメントは髪の中間~毛先(ダメージしやすい部分)につけましょう

髪が長い方でダメージが気になる方は

しっかりともみこんでなじませて、

蒸しタオルをして少し時間をおくとさらに良いです♪

 

 

 

みなさん毎日シャンプーするかと思います。

綺麗な髪でいるためにも、

頭皮を健康に保ちたいですね*

 

つばきも気を付けて

健康な頭皮と髪をめざしたいです!